TRIGGERcmdプライバシーポリシー 

発効日:2017217

あなたのプライバシーは私たちにとって重要です。保存には注意が必要です。 

一般情報

このポリシーは、当社のプライバシー慣行を定め、お客様が当社のサイト、サービス、モバイルアプリケーション、製品、およびコンテンツ(「サービス」)にアクセスして使用する際に収集する情報の取り扱い方法を説明します。

我々はできるものを集めます 

アクセスするTRIGGERcmdページに関する情報、モバイルデバイスに関する情報(デバイスやブラウザーの種類など)、送信する情報(登録または当社との通信に使用する電子メールアドレスなど)、および紹介情報を収集します。

TRIGGERcmd Servicesを使用すると、インターネットプロトコルアドレスを収集して保存する場合があります。この情報を使用して、スパムやその他の不正行為と戦うことがあります。TRIGGERcmdサービスをパーソナライズするため。または、ユーザーがTRIGGERcmdサービスを使用する方法に関する集約された非識別情報を生成します。

TRIGGERcmdアカウントを作成し、G oogleTwitterFacebook などのサードパーティサービスを介して認証すると、そのサードパーティアカウントに関連付けられたメールアドレスを収集して保存する場合がありますが、それらのメールアドレスをスパムしたり、販売したりすることはありませんそれら。 

TRIGGERcmd からのメール 

アカウントやサービスの変更、または新しいポリシーに関する管理メールを送信する場合があります。

パスワードやその他のアカウント情報を尋ねるためにメールを送信することはありません。そのようなメールを受け取った場合は、調査のために送信してください。

あなたの情報の開示

原則として、私たちはあなたの個人情報を社外に公開しません。

個人情報を販売することはありません。

以下を含む限られた状況において、お客様の個人情報を第三者と共有する場合があります。(1)お客様の同意がある場合。(2)データ保護基準を満たすベンダーまたはパートナー。または(3)召喚令状またはその他の法的手続きなど、法律で義務付けられていると確信している場合。

法的手続きに応じて情報を共有する場合、法律または裁判所の命令によって禁止されていない限り、事前に通知して、あなたがそれに挑戦できるようにします(たとえば、王宮の介入を参照してください) 。不適切と思われるサイトのユーザーに関する情報の要求に反対します。

お客様の情報が別のプライバシーポリシーの対象となるように当社が他の会社と合併する場合、転送前に通知します。

データストレージ

TRIGGERcmdは、TRIGGE Rcmd を実行するために必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、ストレージ、および関連するテクノロジーに、サードパーティベンダーとAmazonなどのホスティングパートナーを使用します。サーバーでログを管理します。

データセキュリティ

当社は、暗号化(HTTPS / TLS)を使用して、サイトとの間で送受信されるデータを保護します。ただし、インターネットを介したデータ送信は100%安全ではないため、セキュリティを保証することはできません。お客様はご自身の責任でサービスを使用し、アカウントを保護するための合理的な手段を講じる責任があります(強力なパスワードの使用など)。

このポリシーの変更 

TRIGGERcmdは、このポリシーを定期的に更新する場合があります。それに対する重要な変更についてお知らせします。